ホームへ】 − 【セキュリティ対策トップへ】 − 【戻る】 − 【次へ】

アフィリエイト活動にも関係するセキュリティ対策
【ネットの利用は、既に我々の生活の一部】



 インターネット(IT)は、企業にとっても、一般消費者である我々にとっても、切っても切り離せない程の存在へと成長し、ビジネス面から生活面まで、ネットの利用と言うのは、もはや欠かす事の出来ない便利な道具として、広く世の中に認知され、その居場所を確保しています。

 それだけに、我々も便利な道具を適切に利用する上では、ある程度、道具に対する性質の理解や、使い方の工夫、道具の研ぎ方等、これらを少しは勉強しておく事が必須となって来ました。

 道具に対する理解度が深まれば深まるほど、道具としての持ち味や、切れ味等も、それだけ多くを引き出して駆使出来るようになって来ます。

 インターネットも例外ではありません。

  インターネットが幾ら情報溢れる宝庫だと言っても、それをどう使えば宝庫として使えるのか? と言った所で、実際、適切な使い方を知らなければ、幾ら便利な道具でも、全く使う事の出来ない無用の長物ともなりましょう。

 さて、今回はこの使い方をレクチャーするドキュメントでは無い事から説明は割愛しますが、重要な事、それはワード(言葉・単語・熟語等のキーワード)をいかに連想するかと言った所での閃きです。

 この閃きが沸かないようであれば、便利な情報の宝庫を存分に駆使すると言った事は叶う事は無いと思われます。 

 因に、職場等でマニュアル人間等と呼ばれるようなタイプだと、かなりこのような閃きに関する部分では、限界が他のタイプに比べるとかなり低い場合が多いようです。

 さて、本題へと話を戻しますが、

 ネットが生活の一部なら、日常的にそれを酷使する事にもなります。

 冒頭で述べたように、道具を便利な道具として使い回す為の勉強というのは、やっておいて損をすると言う事は全く有りません。

 是非とも、道具については様々な角度から見たり、考察したりしながら、道具に対する理解度を深めて見る事を当サイトでは推奨します。

 それが道具を駆使し、自在に使い回す為の第一歩とも考えます。^_^

参 考

 セキュリティーを守ろうとするには、裏返せばセキュリティーを突き崩す術を知らなければ、強固なセキュリティーを維持して守る事は出来ません。

 セキュリティーのプロとは、裏返せばクラッキングのプロでもあると言う事を覚えて置いて下さい。(^^;

 善意で行動している場合は守る側です。しかし、一度悪意に満ちた上で行動をすれば、それはセキュリティーを破る為の脅威であるクラッカーとなります。

 どちらに寝返って行動するかは、各位の善意に頼らざるを得ない所ですが、各位の思考レベル低下を防ぎ、理性が適切に保たれているなら問題は有りません。

 因に、ウイルス・プログラム等も、それが働いた際にどう動くかにより、高性能の監視プログラムとなるか、悪意に満ちた破壊的なプログラムとなるかは、紙一重の差しか有りません。 

 全ては、それらを運用する側の人間の思考やレベルにより、いかに理性が保たれているか、失われているか等により、それらがもたらす結果と言うのは表裏一体でコロッと入れ替わったりしますから、そうならない為には、しっかりとした思考力のアップと維持、余程の事象が発生しても、簡単には外れないような理性のタガ(精神力)等を磨き、身につける事が大切です。


不正アクセスが如何様なモノかを理解する為の参考リンク

怪しいハッキングレシピ
 パソコンに素人でも、ある程度読み易く、不正アクセスに関する理解が得易い書籍
 下記のようなバナーまで用意されているようです。
  当サイトはバナーが好きなので、一つ掲載しておきます。^-^; (ぉ
怪しいハッキングレシピ

その他、「ハッキング」をキーワードにしたら出てきた一覧です。 


不正アクセスから防御する手段を理解する為の参考リンク

クラッキング防衛大全―激化する不正アクセス手法の傾向とその対策
 不正アクセスのパターン等が比較的多く紹介されています。
 尚、技術的な事は内容が薄いので余り参考にはなりませんが、手順を知る、パターンを知ると言った上ではそこそこの出来かと思われます。
 大事な事は、手口を知る事です。

その他、ITセキュリティー(防御)

ホームへ】 − 【セキュリティ対策トップへ】 − 【戻る】 − 【次へ】


当サイトに関するお問い合せ全般は下記のメールアドレスの方までお寄せ下さい。
本サイトはリンクフリーです。

 info@af-lab.jp

Copyright(C) 2003,2004,,, アフィリエイト研究会 All Right Reserved.