ホームへ】 − 【戻る

11/17/2004

昨日、不定期日記を更新したばかりですが、そう言えばずっとアフィリエイトは世間様から見ると、どこか胡散臭い事をしとるんじゃないんか(^^;? 等と言ったような目で見られがちな事を思い出しましたので、少し流用可能なコンテンツも既にある事から、少しアフィリエイトの「まとも」な点について述べておこうかと思います。^^;

アフィリエイターの皆様であれば、必ず一度は人様から 「(;¬_¬) ぁ ゃι ぃ」とか、「うさん臭せぇ〜(~~;)」等と言ったような目で見られた事はありませんか。(^_^;? (笑)

当サイトの管理人の場合、まだアフィリエイトに首を適当に突っ込んでみてからまだ1年程度ですが、この間、結構ネット上でお喋り等での活動中に、その話題に関して「参考リンク」としてアフィリエイト研究サイトである当サイトへのリンクを挙げると、結構多くのアクティブな方々は何かと色眼鏡で見ると言うような事が伺えました。

特に色眼鏡で見られる時に多いのは次のようなものが多かった感じです。

1.銭儲けで宣伝をしてるんじゃないのか?

確かに一理あり、それを否定する事は出来ません。^_^;
受け取り方次第なのですが、基本的に成果が上がればそれだけ報酬を手にする事は確かですから、例えそうでは無くとも、それは違うとは否定しにくい所はありますね。(^^;

例え善意のリンクであっても、このような低レベルな受け取り方をされる方はネット上には沢山いますから、リンクを貼る場合も毎度の事ですが恐縮してしまいます。
でも、必要性ありと思えば、そんな事はお構いなしに貼るんですが。(^^;(笑)

まぁ、参考リンクとして貼る場合でも、そう思われたり受け取られる事は、少し悲しい感じですね・・・。

掲示板へ素材をそのままカキコしているモラルもマナーも全然無きに等しいような活動をされているようなケースも良くいたる所で見かけますが、そのような無茶をしている方と同じ色で見られていると言う事でしょうね。

2.アフィリエイトのシステム自体を、まるでネズミ講のように勘違いされている場合が多い事。^^;

ネットワークビジネスとか、マルチと呼ばれるようなビジネスと、まるで一緒くたのような扱いをされている人が意外にも多いと言う事が、この1年で解りました。

誰もが知っているような有名所では、アムウ○イ、ニュー○キン、ハーバー○イフ等が限りなくネズミ講スタイルに近い形としてのネットワークビジネスに当てはまりますが、これと同じ目線でアフィリエイターは見られているような場合が多い感じですね。(^_^;

これは、まだまだ世の中にアフィリエイトとはなんぞや? と言うような事が余り浸透していないからそう思われていると言う事では無いのか? と当サイトでは推測しています。

アフィリエイトの基本というのは、携帯電話を売っている街中の販売店と同じなのですよね。(笑)
つまり、「取次」業務にアフィリエイトの場合は相当します。古い言い方になると紹介業とも言いますね。
少し乱暴な言い方をすれば、仲介業であるとも言えます。

これなら誰もが知っているような事ですからイメージもし易いと思いますが、これが怪しく見えますか(^_^? と言う事です。 ^_^

当サイトでも、既存のコンテンツの中に、特許に関係するページをアフィリエイトの仕組みを知って頂く為に作成して公開中ですが、これらはご存じでしょうか。(^_^?

ASPのビジネスモデル(仕組み等) と言うページが当サイト内のコンテンツの一部として存在しています。

これをご覧頂くと、アフィリエイトの仕組みがある程度イメージして頂けたり、より一層アフィリエイトと言うモノに対する理解を深められるような構成としておりますので、結構理解する上では参考になるのでは無いかと思います。^^

アフィリエイトとは、商品を製造するメーカーのモノを、自分のWEBサイト上で紹介し、それで売れると製造元のメーカーから若干の手数料が出来高制の成果報酬として払われる仕組みです。

貴方のご近所にある家電屋さんや、スーパー、百貨店等、どれもそう言うメーカーからモノを仕入れ、そこに自分の取り分である利益を上乗せしたモノを店頭に並べ、来店してくる客に売っては儲けを確保している訳ですが、これは流通の基本的なスタイルです。

アフィリエイトも、基本スタイルは殆ど同じです。
違う点と言えば、商品をメーカーから買い取って「仕入れ」を行う事や、それに付随して在庫を抱える等のリスク無いと言う所、更に、「ノルマ」等も無いと言うような点で相違があります。

しかし、アフィリエイトなら、在庫を抱える必要もありません。またノルマのような事もありません。

本来なら、メーカーから仕入れるには、色々と取引する上での制約や条件が厳しい事から、個人ではやりたいとは思っても、それがすぐに実現させられるとは限りません。
飛び越えなければならないハードルの高さと数がある程度の所でありますので、会社規模でなければ何かと難しいと言う場合が多いです。

しかし、これがアフィリエイトであれば余りそのような厳しい条件も制約もありませんので、簡単に売りたいメーカーの品、紹介したいメーカーの品を比較的自由に扱う事が出来ます。^^

これまで良いことづくしのような事を述べましたが、仕入れを行って売っている場合と、仕入れを行わずに紹介をしている場合とでは、幾つかの差が生じると説明しましたが、その差はそれぞれの利益の差となります。

リスクが殆ど皆無に近いような状態になるアフィリエイトの場合、得られる利益もリスクを軽減させて飛ばしている訳ですから、当然ですが、リスクを抱えて取り組んでおられるお店と比べれば、実入りにしてもかなりの差が開くと言う事になります。

その為、アフィリエイトで儲けようとするには、かなり計算したサイトの作りやマーケティングの機会を少しでも多く得る為の研究や工夫を少しでも多く行い、1個でも多くのモノを売れるように努力しなくては結果は付いてこないというか、出ません。(^^;

参入が簡単であり、誰もが始めようと思ったその時から始められるほどアフィリエイトというのは容易い存在ですから、それだけライバルに当たる同業者のような存在も桁違いに多くなりますから、普通の店舗と同じく、近隣の店舗と常に競争となりますが、この競争率がアフィリエイトの場合は相当高い事から、本当に大きな収益をアフィリエイトで上げようと画策される場合には、それなりに頑張らなくてはなりません。
まぁ、商売とは厳しいものですが、アフィリエイトは更に簡単がゆえにより厳しいとも言えましょう。

3.他人を妬んだり、羨やんだりするような人から攻撃される場合が多い。( ̄▽ ̄;

アフィリエイトをやっている人は、結構、アフィリエイトをやっていない人から、何かと妬みとか羨み等の感情から、まるで恨みでも買っているかのような扱いを受け易い傾向にあると言う事が判りました。(^^;

当サイトからみれば、そうやって他人を羨ましいとか思われやすい人は、別にそれだけなら構いはしないのですが、それを妬んだりしての逆恨みのような事はお門違いではないのか?と考えますがどうでしょうね。^^;

羨ましいなら、真似をすれば良いんです。やれば良いんです。^-^
それをやらずして、人が儲けるのは許せん!等と自己中心的にも見えるような考えを持たれるような人と言うのも、これまた少なくはありません。

まぁ、同じ人間として、そんなアホみたいな屁理屈で怒ってどうすんの? とか思います。(笑)
悔しければ自分も首を突っ込めば済む話です。真似さえも出来るのにやらないのに、そこで妬みから荒らしのような活動をされる場合も多いので、この辺はキチンとした認識と理解をして頂きたいですね。(^^;

以前、アフィリエイトポータルネットさんの方で、管理者の方が変わる前、つまりリニューアル前の状態のサイトでは、情報交換用の掲示板が設置されていた訳ですが、そこで参考リンク等だそうものなら、一番にそのような野次が飛んでいたように記憶してます。(笑)

当サイトの管理人はそんな所で発言するのは馬鹿馬鹿しいので、静観のみのROM専門でしたが、発言時にWEBサイトの入力欄に自サイトを記載しているだけで、有無を言わさず「宣伝だ」等とアホな事を言ってる人達でごった返しておりましたが、傍目に見ると、ケツの穴が小さすぎるというか、器が小さすぎるというか^^; まぁ、余り人物批判は行いませんが、そう言うレベルの視野の小さい人達もアフィリエイターの中には大変多く含まれていると言う事を忘れてはいけません。

それに加え、アフィリエイター以外の人も、同じような似た発想や考えを持つ人も結構多いので、アフィリエイターと言うのは色眼鏡で見られなくする事自体、かなり難しいのかも知れません。(^^;

まぁ、アフィリエイターがねたましく思えるなら、街中で商売してる店は妬ましいとは思わないのか? 等と、時折ROMをしている先で聞いてみたいような気もする場合がありますが、その前に、そんな次元やレベルの低い人達を相手にしても、損こそしても得をする事は一つも無いと思いますから、当サイトの管理人の場合では、もっぱらそう言う類の人達と言うのは極力スルーするようにしていたりします。^-^;

相手にしても疲れるだけですし、わざわざ教えてやったり勉強させてやるような事をする義理もありませんからね。(b^ー゚) (笑)

因に、アフィリエイトを語るようなサイトで、同じような事ばかりをやっているアフィリエイターの多くが集うような所で、例え自分のサイトを書いた位で成果が跳ね上がると言うような事は有り得ません。^^;
アフィリエイターが集う所は、幾ら人で溢れかえりはしても、良く見ると同じ線上にいる人達ばかりですから、そのような線上にいる人達から成果を頂けると言う事が逆に少なくなります。

それでも宣伝はダメだ!等と開口一番で言いまくる人も多いのは不思議でなりません。(^^;


さて、今回はアフィリエイターにとって、かなり共感を覚えられるような点が多かったのでは無いでしょうか?

次回は、アフィリエイターが話の種に貼り付けたようなリンク、所謂、参考リンクについて、それを見た側が思ったり感じたりされる場合の理想の形と言うモンでも述べてみる事にします。 ^_^

さて、夜も更けてもう明けかかっているようなので^^; 本日の所はこの辺で。(´▽`)ノ
ちゅーか、早く寝ないと仕事の時間になっちまうべ・・・。C= C= C= C=┌('A`)┘

ホームへ】 − 【戻る


当サイトに関するお問い合せ全般は下記のメールアドレスの方までお寄せ下さい。
当サイトはリンクフリーです。

  info@af-lab.jp

Copyright(C) 2003,2004,,, アフィリエイト研究会 All Right Reserved.