ホームへ】 − 【戻る

11/16/2004

皆様お久しぶりで御座います。A^_^;)アセアセ
人間とは、どうしてこうもやる気の余り無いようなモノに関しては、ここまで放置出来るんでしょうねぇ。(^^;)。
等と、まるで他人事のように考えてしまう管理者です。^_^; (苦笑)

さて、先月の終わり頃に、とうろう未処理のデータが1千件を超えてしまいました!!!(; ・`д・´)
マジで洒落にならない数字でしたので、流石にこのままでは色々と不味いと言う事で、100件分程度を処理したのですが、既に賞味期限を迎えていたECサイトも結構あったようで、実質的には3分の2位で済んだのが幸いでした。A^_^;

今現在、未処理になっている掲載待ちの広告が1150件程まだ残っているのですが、今週中を目処に全部片付ける決意を致しました!(~o~;)。^^;

さて、最近暫く愛用していたゲートウェイ製17インチモニタが、たった4年程度で故障してしまいました。
巷で良く壊れる、すぐ壊れると前評判は嫌と言うほど聞いていたので覚悟は出来ておりましたが、モニタでたかだか4年程度で機能不全が発生するとはなんともちゃちい感じです。^^;

今時のモノは、どれもが安価になりましたから、それ故、製造工程の方でもかなり省かれたり簡略化されたりで、製品寿命が安いなりにグッと下がった感じばかりのモノで世の中溢れるようになってしまいましたね。-_-;

このモニタ、どこのOEMかと調べると、一応は国内モデルの三菱製でした。(^^;
修理センターの営業窓口が丁度自宅近所にあった事から、電話で修理費用等をざっと伺ったのですが、工賃だけで2万円、更に運送料等で4千円少々は掛かるとの事。( ̄□ ̄;)

修理に最低でも2万5千円程度掛かるとなれば、これでは新しいモニタを買ってもお釣りが来るレベルだし、更に言えば、表示サイズの少し小さな液晶モニタなら、何とかギリギリで買える範囲の金額です。

壊れた症状は、電源を投入すると、すぐに自己診断から消磁機能等を動作させたような所で電源が持ちこたえられず落ちると言う感じの不具合でした。

症状から障害を推測すると、恐らく、電源付近のトランジスタかコンデンサが飛んだかパンクしている程度だろうと思いますが、修理に出すだけで工場に送り返しての修理とはいえ、これでは少し高すぎます。^^;

高すぎるので、面倒だが自分で修理するかと蓋を開けたのですが、中の基盤を見ると意外にかなり多くのコンデンサ関係が寿命を迎え掛かっているンじゃないのか?と思われるような状態でした。!? ( ゚∀゚;

電解コンデンサを全て新しいのに入れ替え、更にトランジスタも入れ替えとなると、一部に時期的に一般の小売りの市場からでは入手困難が予想されるような型番も含まれていた事から、面倒なのと相まって頭のスイッチが部品取りに切り替わりました。^^; (笑)    (^^;オイオイ

部品と言っても、基盤上の部品で抵抗やらコンデンサ等は回収しても余り再利用上でのメリットも無い事から、ノイズ除去用のフィルタ関係とケーブルだけ回収し、後はゴミとして蓋を閉めて倉庫に放り込みました。

コンピュータ関係の周辺機器や本体を捨てるのは、私の場合は
ハードオフ(株式会社ハードオフコーポレーション)と決めてます。捨てると言うか、中古で引き取って貰う訳です。タダ同然でね。(^_^;

現在はリサイクル法等の施行に伴い、パソコン関係は粗大ゴミに出せなくなりました。
市経由で産廃業者を手配して頂き、手数料を4千円少々払って引き取って貰うかしなければなりません。
但し、これは個人の場合です。

尚、最近のリサイクルマーク付きのパソコン等の場合、購入時に予め廃棄時にかかる費用を含めて払っているので、マーク付きの機器の場合は購入元の店やメーカーへ連絡すれば、無料で回収してくれます。


ここで今回、リサイクルマークが付く以前のパソコン機器等を所有されている人向けに、上手なゴミの捨て方と言うのをレクチャーしてみたいと思います。(^-^)

まだ動くモノ等に限定されますが、一番のお勧めはなんと言っても
ハードオフへ持ち込んで買い取りをして貰う事です。

金額は、古い機器の場合は数百円程度にしかならない場合が多いのですが、持って行くだけのガソリン代にはなると思います。

本来ならどこの中古買い取り店でも避けて通られそうな程古い機器でも、
ハードオフなら、タダでもええから頼んますよ〜!^o^;/ 等とでもお願いすると、大抵の場合はタダ同然と言う言葉に甘いのか、当方の地元の場合は快く引き受けて貰える場合が多いです。(^^;)。(笑)

このハードオフと言うのは、似たようなネーミングで
eブックオフ (株式会社イーブックオフ)と言う古本関係の方もあります。
会社は別会社として分かれているようですが、元々、eブックオフ の古本関係から始まり、その後パソコン関係の
ハードオフが展開されたと言ったような感じだと記憶しております。

モノは考えようです。
まともにゴミに出せば、それこそサラリーマンの平均日当の半額程度に近い額が掛かります。
しかし、
ハードオフ捨てに行けば^^; 逆に持って行くだけのガソリン代程度にはなります。└(=^O^=)┐

お金を減らす所か逆に貰える訳ですから、余り古い機械を捨てに訪店すると、当方の方が逆に恐縮してしまう錯覚さえ覚えますね。(^^;(笑)

さて、今回のモニタは修理せず部品取りで簡単に済ませたが故に、不完動品のままの状態です。
流石に不完動品になると、このご時世では余程部品自体に魅力でもないような機器以外、引き折りを断られるのがオチですから、今回は廃棄がモニタしかないので
ハードオフを利用できません・・・。
他のモノでもあれば、一緒に持って行き、ついでとして処分も頼めるのですが^^; (笑)

そこで、アフィリエイターの皆様にも十分実戦可能な、安価な廃棄処分の仕方をお教えします。(^_^)9
個人として、市等を経由しての廃棄物回収業者を手配すれば、費用も前述している通り結構馬鹿に出来ない金額となる事から、「事業者」として市を経由せず、市から委託されている回収業者等へ持ち込むなり、引き取りに来て貰うなりすれば、かなり安価に機器等は廃棄する事が可能になります。^^

今回の17インチモニタの場合、通常ではキロ計算になるのですが、平均すると2500円程度の重さです。
この程度の出費で持ち込んだ場合には引き取って貰えます。

引き取りに来て貰う場合でも、当方の地元の場合では、500円程度上乗せされるだけで、3千円と消費税分程度で引き取って貰えます。(^^)

たかが1000円、2000円安くなるだけとは言え、この差は結構でかい感じですね。(^^;)。

尚、直接廃棄業者へ引き取って貰う場合には、個人では受け付けて貰えません。
個人事業主のような自営業を営まれているとか、法人会社等を経営されている必要があります。

アフィリエイターの皆さんの場合、個人事業主であると名乗れば大丈夫ですから、自分の屋号等でも考えておかれると、何かとこのような場合や、期末の確定申告の際等に、経費処理等で節税に貢献等と言うような事も可能ですから、趣味や副業としてアフィリエイト活動をされている人は、個人事業主として構えておくと言うのも良いかも知れませんね。(^_^)

さて、オチもついたようだし、本日の所はこの辺で。(´▽`)ノ

ホームへ】 − 【戻る


当サイトに関するお問い合せ全般は下記のメールアドレスの方までお寄せ下さい。
当サイトはリンクフリーです。

  info@af-lab.jp

Copyright(C) 2003,2004,,, アフィリエイト研究会 All Right Reserved.